検索エンジンの検索結果の順位を上げるためのヒント集


前のページにある検索結果にあなたのサイトを表示させるためのヒントを適用した後、下記のヒントをセカンドステップとして適用してみてください。


_ _ _ _ _

サイトの見つけやすさの測定

ご自分の会社名またはサイト名に独創性があれば、Googleに入力した時おそらく検索結果に表示されると思われます。

ただし、会社名またはサイト名を知らないユーザーにサイトを見つけてもらうには、彼らが知っている言葉例えばあなたが提供する商品やサービスを言い表す言葉とあなたのサイトとのひも付けが必要になってきます。

► まず、このガイドをご覧になって現在のサイトがどの位見つけやすいかを測ってみてください。


_ _ _ _ _

検索エンジンのホームページやディレクトリーにWebサイトの登録

人気のあるサイトがあなたのサイトへのリンクを貼ることにより、Googleが自然とあなたのサイトを見つけます。こういうリンクが存在していない場合、またはGoogleがサイトを認識するまで待つ時間がない場合は、手でご自分のサイトを検索エンジンのホームページに登録するか、事業活動と関連しているディレクトリーに登録した方がいいかもしれません。

► 検索エンジンのホームページやディレクトリーの登録についてはここをクリック。

_ _ _ _ _

各種のタイトルを大切に!

ページや段落のタイトルは、字の大きさや色を変えて目立つことにより大変読みやすく分かりやすくなります。検索エンジンもタイトルを閲覧・解析するので鍵となる言葉や表現を利用した方が効果的です。ただし、やりすぎて閲覧者がうんざりさせないように気をつけてください。

► タイトルの書き方についてはここをクリック。


_ _ _ _ _

Webサイトを補足するソーシャルネットワーク

ブログ、Facebook、Twitter、Mixiなどのアカウントを作って、ご自分のサイトを宣伝してください。そこへSimpleDifferentのWebサイトのリンクを載せると、訪問者も増え検索エンジンからの信頼度も上がります。

► ソーシャルネットワーク上の宣伝についてここをクリック。

各ページにある鍵アイコン


_ _ _ _ _

メタタグの利用

Webサイトの世界ではメタタグまたはメタデータが話題になっています。このデータを編集可能にするように追加料金を取るホームページ作成ツールもあります。メタタグは検索エンジンがサイトを評価する際に必要なものです。サイトのコンテンツや構成ほど大切ではありませんが書き落とさない方がいいです。


SimpleDifferentではStarterサイトでもProサイトでも同じように
各ページにメタタグを4つ編集できるようになっています。

上手に使うと閲覧者にとっても検索エンジンにとってもサイトが少し分かりやすくなります。

► メタタグの編集方法についてはここをクリック。

_ _ _ _ _

検索結果に表示される内容の設定

検索エンジンの検索結果にページのタイトルと説明が表示されます。それを見てインターネットのユーザーがクリックするかどうかを決めます。

検索結果に表示されるメタタグ


◆ ページのタイトルというメタタグについて

タイトル文字数は30文字までにしておいた方がいいです。

ページのタイトルは、ブラウザータブの名前として表示されます。検索結果の1番行目にも表示されます。


◆ ページの説明というメタタグについて

ページの説明は、あなたのWebサイト上には表示されませんが検索結果にはタイトルとファイル名の下に表示されます。

注記 : インターネットユーザーが入力した言葉が太字で現れます。


► メタタグの記入方法についてはここをクリック。


タイトルと説明を読んでインターネットユーザーがあなたのサイトを訪問するかどうかを判断するので気をつけて明快簡潔に書いてください。


_ _ _ _ _

◆ ページのキーワードというメタタグについて

キーワードは、訪問者向けであってあなたがあまり使わない言葉でもいいかもしれません。一般の人たちがあなたが提供している商品やサービスのようなものを探している時、どういう言い方をするか、Google上で何を入力するか考えます。それこそが適切なキーワードなわけですから。もっとも効率的なキーワードは、インターネットユーザーが使っている言葉と一致しているキーワードや表現ということです。


地方、年齢などによって言い方が違うかもしれないので、同義語または英文訳も入れた方がいいかも知れません。


ただし、インターネット上では何億ものWebサイトがあるので、よく使われているキーワードを利用するとサイトの順位がなかなか上がらない可能性があります。ある程度独特の言葉をキーワードとして選んでみたほうがいいですね。


► キーワードの定義方法についてはここをクリック。